Home>Myself(カテゴリ)  TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

術後の経過

2010.03.27 Sat

色々な方にご心配をお掛けしてしまった私の足の方ですが、おかげ様で大分良くなりました。本人は、至って元気です。家の中では、松葉杖を使わずに歩いています。立ってさえいなければ、痛みも殆どありません。

火曜日の検診で初めて傷跡を見ました。10cmほどの、フランケンシュタインのこめかみ辺りにありそうな傷がありました。一緒にいたビビリン坊やの海流、顔が引きつっていました。。。

月曜日と火曜日に、海流の学校のお迎えに行ってしまったことを注意されてしまいました。先生、足を見ながら、痛み止めを飲んでいない私にやや驚きの様子。多少の痛みはあったけれど、そんなの全然耐えられる範囲。薬を飲む必要なんて無いと思っていたのですが、、、アメリカ人が痛みに弱いのか自分が痛みに強いのか、はたしてどっち?

抜糸は来週の火曜日に行うそうで、それまではできる限り足を使わないように・・・と言われ、引き続き、引き篭もり生活を送っています。抜糸後には元気に外出できるかしら~。

今回、海の向こうから励ましのメールや暖かいメッセージを下さった皆さん、本当にありがとうございました。

そして、我が家に差し入れをしてくれたり、子供達の送迎の心配までしてくれたサンディエゴのお友達の皆さん、本当にどうもありがとう。心から感謝しています。

みんなに支えられているからこそ、ここサンディエゴで楽しく生活できているんだな~と改めて実感しました。

以上、近況報告でした。
スポンサーサイト

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

松葉杖の生活

2010.03.21 Sun

只今、生まれて初めて松葉杖なるものを使った生活を送っています。水曜日に、左の足首にできていたガングリオンというコブのようなものの除去手術をしてきました。

このガングリオン、半年ほど前のある日突然できました。海流の日本語幼稚園の後に公園で遊んでいて、ふと足元を見たらピンポン玉位のコブがぽっこり。痛みも痒みも全く無し。

汚い足でごめんなさい。。。


数日後に医者に診て貰ったところガングリンと診断され、「足首に大きな衝撃を受けませんでしたか?」と聞かれましたが、全く記憶に無し。

注射で中の液体のようなものを抜いてもらいましたが、翌日には元通り。同じ事を2回してもらったけれども全く効果が無かったので、元となっているガングリオンの袋(?)を取り除きましょうと今回の手術に至りました。

手術というほど大袈裟なものだと思っていなかったのですが、手術直前の検診で術後数日間は歩かないようにと言われ、急遽ロサンゼルスにいる義両親に3日間ほどヘルプに来て貰うことに。

手術自体は1時間15分ほどで終了。部分麻酔と聞いていたけれど、手術当日に少し眠くなりますよ~と言われ、気が付いたら1時間以上眠っていました。。。

余談ですが、手術室に入るなりかなりの音量でマイケル・ジャクソンとかの音楽が掛かっていました。私が眠りに着く前は、側にいた結構年配の看護婦さんが音楽に合わせて踊っていたし。。。(笑)目が覚めた時には、PinkのPlease Don't Leave Meが元気よく掛かっていましたよ。

日本で手術をした事がないのですが、日本もこんな感じで音楽とか掛かっているのでしょうか?それとも先生の趣味??ちなみに、私の担当をしてくれた先生は、お茶の水博士風なとっても優しいおじちゃん先生でしたが。。。

自宅に戻り、その日は麻酔が聞いていたので痛みゼロ。余裕じゃ~んと思っていましたが、そう甘くは無かった!夜中に突然痛み始め痛み止めを飲んで一安心。翌日も痛みは続き、薬を飲んでベットでゴロリ。

トイレに行く時など歩くとまだ痛いので、昨日まではベット横になって過ごしていました。日本の雑誌を大量に用意しておけばよかった・・・と後悔。

術後4日目となる本日、大分動けるようになりました。こうして椅子に座ってブログを書いているくらいですから~。
お風呂にも4日振りに入れました。これでやっとスッキリ☆


火曜日に抜糸をするそうなのですが、それまでには大分歩けるようになりそうです。忙しい予定を変更してヘルプに来てくれた義両親には心から感謝。そして、義両親が自宅に戻った後、子供2人+大人1人の面倒を1人で見てくれている夫にも感謝です。

そして、子供達の笑顔が一番の元気薬


早く復活しなくては!と、ベットで横になりながら思う母であります。

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

嬉しい再会

2009.06.26 Fri

今日は学校側の都合でPreschoolがお休みだったので、日系幼稚園へ登校した海流。お迎えの時に、偶然にも懐かしい友達と再会しました。

6年前に通っていたダウンタウンの語学学校で同じクラスだった日本人のYさん。きちんと目標を持っている女性で、素直に素敵だな~と思える方でした。その後、Yさんはカレッジに進学し、勉強で忙しいのは知っていましたが、いつのまにかお互い音信不通状態に・・・。

その後、Yさんがサンディエゴにいるのかも分からず気が付けば数年が経過。
そして本日、海流のクラスメイトのお母さんと一緒にお迎えに来ているYさんの姿を発見。5年振りくらいの再会でしょうか。突然の再会にお互いビックリ!

海流のクラスメイトのお母さんとお友達だったそうで、今日、たまたま一緒にお迎えに来ていました。Yさんは、インテリアデザイナーとして立派になっていました。

今日Yさんと再会できたことは、すごい偶然が重なったんだな~と改めて実感。海流のPreschoolがお休みでなかったら日系幼稚園には行かなかったし、クラスメートのお母さんがYさんを連れてこなかったらやっぱり会うことはなかっただろうし・・・。

何だか今日は、と~っても嬉しい気持ちになりました♪

テーマ:日記 - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。