Homeスポンサー広告Kids>早朝から病院へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早朝から病院へ

2009.09.25 Fri

つい先程、病院から戻ってきました。

流空のおしりにできてしまった肛門周囲膿瘍(過去の日記)の切開手術をChildren's Hospitalで行ってきました。

手術と言っても15分ほどで終了する簡単なものでしたが、今回全身麻酔となりました。手術は8時半の予約でしたが朝6時半には病院へ来るよう言われ、海流を近所に住む義弟へ預けて家族3人で病院へ。

まだ朝6時半だというのに、今日手術を受けなくてはいけない子供達が沢山いて驚きました。

何が起こるか分かっていない流空。待合室では、まだ若干笑顔あり。


この直後、麻酔医と担当医師の説明を受けて、看護士さんに手術室に連れて行かれる時には大泣き。自分も涙が出てきそうでした。

手術が終わり、1時間もしないうちに元気な姿の流空と再会。(怒り気味。。。)


点滴を終え、11時に病院を後にしました。
先生の話によると、小さな肛門周囲膿瘍がもう一つ見つかったそうで、これが大きくならずに消えていくことを祈るばかりです。

せっかく楽しみにしていた毎週土曜日のスイミングレッスンも、残念なことに今週と来週はお休みをしなくてはいけません。お家のお風呂で我慢です・・・。
スポンサーサイト

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

コメント

*

まあ大きくなって・・・と思ったら、災難だったね。
子供って思いも寄らないことを次から次へと起こしてくれるよね。 これで親も同じ様に一つずつ成長していくんだよね。
とにかく無事手術終わって良かったね。

*

コメントありがとね。ホント、子供って次から次へと色々あるよねー。私も子供から色々と勉強させてもらっている感じ。こんな日々も、後数年もすれば懐かしくなるんだろうね~。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://abcsandiego.blog46.fc2.com/tb.php/35-de967085
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。