Home>Kids(カテゴリ)  TotalPages4 prev next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロウィン

2009.11.01 Sun

今年もやってきましたハロウィン。

海流は、やっとハロウィン(=お菓子がもらえる日!?)を理解できる年齢になったようで、数日前からこの日を指折り数えて待っていました。

今年は、近所に住むお友達Harrison君(5歳)、Orren君(3歳)、Annleeちゃん(1歳)兄弟と一緒に、近所を回ってきました。

自分で選んだちびマッチョなスパイダーマンに変装した海流。


意外にも嫌がらずに着てくれたミニモンスター流空。


6時半からスタートしたTrick or Treat。去年よりも見掛ける子供達の数が少なかったものの、プリンセル系やヒーロー系、アニマル系だったりと、それぞれ可愛く変身している子供達を沢山見掛けました。

お菓子を持ってドアの向こうで待ってくれている大人達も様々で、ドアを空けた瞬間に赤と緑のスーパーマリオになって現れてきた夫婦には、私達大人も笑わせてもらいました。

1時間以上に渡るTrick or Treatで、子供達の持っていたバケツの中身はお菓子でいっぱい。海流は、全部食べる気のようですが、なにやら良く分からない甘そ~なお菓子もボチボチ。海流の寝ている間に、少し隠さなくては・・・。1日1個だけ食べられるとしたら、今年中には食べきれないほどのお菓子でいっぱいになったハロウィンでした。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

早朝から病院へ

2009.09.25 Fri

つい先程、病院から戻ってきました。

流空のおしりにできてしまった肛門周囲膿瘍(過去の日記)の切開手術をChildren's Hospitalで行ってきました。

手術と言っても15分ほどで終了する簡単なものでしたが、今回全身麻酔となりました。手術は8時半の予約でしたが朝6時半には病院へ来るよう言われ、海流を近所に住む義弟へ預けて家族3人で病院へ。

まだ朝6時半だというのに、今日手術を受けなくてはいけない子供達が沢山いて驚きました。

何が起こるか分かっていない流空。待合室では、まだ若干笑顔あり。


この直後、麻酔医と担当医師の説明を受けて、看護士さんに手術室に連れて行かれる時には大泣き。自分も涙が出てきそうでした。

手術が終わり、1時間もしないうちに元気な姿の流空と再会。(怒り気味。。。)


点滴を終え、11時に病院を後にしました。
先生の話によると、小さな肛門周囲膿瘍がもう一つ見つかったそうで、これが大きくならずに消えていくことを祈るばかりです。

せっかく楽しみにしていた毎週土曜日のスイミングレッスンも、残念なことに今週と来週はお休みをしなくてはいけません。お家のお風呂で我慢です・・・。

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

公園デート!?

2009.09.13 Sun

海流の通う日本語幼稚園でクラスメートだったMeganちゃん。なぜか2人は気が合うようで、担任の先生から、2人は良く一緒に遊んでいると聞いていました。

そのMeganちゃん、事情があって今月から幼稚園をお休みすることになったのです。

先日、Meganちゃんのママからメールが届き、海流と遊びたがっているので金曜日に一緒に公園に行きませんか?とのお誘いを頂きました。金曜日は家族で予定があったので一度はお断りをしてしまったものの、そちらの都合がキャンセルとなったので、急遽Meganちゃんと公園で再会することとなりました。

Meganちゃんは、驚くことに、英語、中国語、日本語、ベトナム語を操るマルチリンガル。パパとママは英語ですが、一緒に暮らしているおじいちゃんとおばあちゃんは中国語で話しているそうです。ママが昔日本語を勉強していたそうで、日本語幼稚園に興味を持ったとか。週末はベトナム語を勉強しているそうで、ただただ驚きです。すごいなぁ~。。。

再会を果たした海流とMeganちゃん。始めはお互いちょっと恥ずかしそうにしていましたが、5分もすればすっかり仲良し。1時間半、一緒にたっぷり遊んできました。


2人の会話は果たして何語なんだろう、、、と思っていたら、ほぼ英語でした。私とは日本語で会話をし、夫の話しかける英語にも日本語で返すことの多い海流ですが、Meganちゃんと英語で話している姿を見て、「あら、英語はけっこう話せたのね~」と思ってしまいました。

幼稚園復帰は来年になりそうなMeganちゃん。自宅も近いので、これから時々公園で一緒に遊ぶことになりそうです。

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

痛いのです・・・

2009.09.04 Fri

流空のおしりが大変なことになっています・・・。

1ヵ月半程前に、突然おしりにできものができ小児科へ連れて行ったところ肛門周囲膿瘍と診断されました。その時は、抗生物質を飲み、専門医に見て貰ったところ「これくらいなら自然に治るだろうから1ヶ月ほど様子を見ましょう。」と言われました。そして、先月末の再診時にはほとんど消えたので「大丈夫ですね」と診断された2日後、今度は大きく腫れたできものが発生し、かなり痛い様子でした。

日曜日の夕方に痛みはピークを迎え、休み無く泣いている状態。座ることもできず、かなり辛い様子。先生の指示でとりあえずMortrinを飲ませ、その晩は何とか眠ることができました。

翌朝、大きく腫れていた部分が切れ、オムツは血でいっぱい。これで膿が出たようで、大分痛みが引いた様子。本人、前日とは比べようにならないほど元気。

その後、小児科へ連れて行ったところ、傷口の大きさに先生ちょっぴりビックリ。傷口を消毒し、ガーゼをつめてもらうこととなりました。これは、大泣きする流空を、先生、看護士、夫、私と抑えながらの処置作業で、親として心が痛くなる時間でした、、、。

この処置の為に、月~水と毎日小児科へ通院。昨日は専門医へ。こちらの先生も、大きな傷口に「Oh, big,,,」と驚きの様子。少し傷口が落ち着いてくる3週間後、切開手術をすることになりました。

夕方、小児科の先生から今日の様子について連絡があり、切開手術が3週間後になったことを伝えたら、何故すぐに手術をしないのだろう~と不満の様子。私達夫婦も、この3週間の間にまたあの痛みがやってきたら、、、と思うと、今すぐにでも対処して頂きたいので少し早めの2週間後に手術をお願いしようと思っています。

とにかく、一日も早く完治することを願うばかりです。

そんな痛みと戦っている最中の日曜日、バスタブで滑って左まぶたをぶつけてしまった流空。私の不注意だったのですが、まるで殴られてしまったかのような青アザとなっています。


幸い目自体は無事で安心しましたが、今週は痛~い1週間となました。

夏風邪?

2009.08.19 Wed

昼間は元気良くサンディエゴ動物園へ出掛けた日曜日。

夕食時、突然海流が寒いと言い出し食欲も無し。熱を測ったら38度。熱は早朝まで下がらなかったので、月曜日は学校を欠席しました。

昼間には熱も下がり、普段通りすこぶる元気。退屈気味なので、日系スーパーまで出掛けたら、学校に通っているはずのYoshi君に遭遇。土曜日は一緒にスイミングレッスンを受けていたYoshi君も、日曜日の夜から風邪を引いたとか。同じく昼間は元気になり、ママと一緒にお買い物に来ていました。

このまま回復に向かうと思いきや、夕方再び38.5度まで上昇。夜には熱も下がりましたが、火曜日の朝は咳が少し出ていたので大事を取って学校は欠席。

咳もすっかり止まり、昼間は相変わらず元気な海流。退屈モードもピークに達し、本人曰く「学校に行きたーい!」を連発。


もう大丈夫でしょう・・・と思っていた矢先、お昼過ぎから左目に目やにが出始め、だんだん赤くなってきてしまいました。

実は、先週、流空も右目に同じ症状が出て、結膜炎と診断されたばかり。目薬を貰い、翌日にはすっかり赤みも取れ元気にしていましたが、どうやら海流に移ってしまったようです。小児科の先生は、人には移らないでしょう・・・と言っていましたが、同じ屋根の下で暮らす兄弟。やっぱり移ってしまったのでしょうか?

午後、小児科に電話をし、きっと流空と同じ症状でしょうということで同じ目薬を出して貰いました。
海流、今日も学校は欠席かな・・・。

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。